手軽にスキンケアができるオールインワンジェルはとっても便利。

しかし、いつ使うのが効果的なのかよく分からない、いろいろな使い方が出来るの?と、何となく使っているのではもったいないのです。

せっかくのオールインワンジェルの良さが十分発揮されないで終わってしまうかもしれません。

オールインワンジェルの役割は5つ!

せっかく使っているのに知らなきゃ損!なのがオールインワンジェルの役割。

美容効果を高めるためにも、4つの重要な役割を理解して、効率の良い肌ケアを習慣づけましょう。

オールインワンジェルの優れた役割その1:時短美容が可能

時短美容マストアイテムのオールインワンジェル。

化粧水、乳液、クリーム、化粧下地、パックなどのスキンケアが一つで可能です。

忙しい朝はさらにメイクにまで時間を取られてしまうので、これさえあれば安心です。

オールインワンジェルの優れた役割その2:高い保湿効果

オールインワンジェルには様々な悩み別や年齢肌対応など、幅広く多くの商品がありますが、どれも「保湿」がメインといって良いほど保湿効果が高いものばかり。

「保湿」がしっかりされてこそ、さらにその他のケアの効果も期待できるのです。

オールインワンジェルの優れた役割その3:敏感肌の方にも優しい低刺激

一つのアイテムで済むということは、テクスチャーや塗るときの肌への刺激を最小限にすることができるということです。

しかし、どんなに高価な化粧品を沢山使っても成分の種類や使う回数が増えていくので、少なからず刺激が増すのは避けられません。

さらに肌への刺激を少なくするのであれば、添加物がやさしい又はゼロのものを選ぶと良いでしょう。

オールインワンジェルの優れた役割その4:コスパが良い!

化粧品のライン使いをすれば当然、高額になるものです。

それが一つで済むので高いコストパフォーマンスで経済的にも嬉しいですよね。

オールインワンジェルの優れた役割その5:プラスケア

自分に必要なケアはスペシャルアイテムをプラスして、自由自在に自分のための肌ケアができます。

目的に合わせた必要なアイテムだけを補う方法はコスパもアップします。

美容効果を最大限に引き出す使い方

スキンケアの正しい流れの中で、オールインワンジェルの順番はどこに位置するのかを理解しましょう。

併せて、どんな状態の肌だと美容成分を無駄なく吸収させる事が出来るのかを知る事も重要です。

肌が生まれ変わるのは1日の中でいつ?

皮膚が新陳代謝により生まれ変わるサイクルは、28日周期で行われるのが最も良い状態と言われていますが、1日の中では睡眠中にその皮膚細胞の生まれ変わりが活発になります。

ですので、睡眠前の夜にオールインワンジェルでスキンケアをする事が重要です。

美容成分が浸透しやすい状態って?

美容成分を効果に浸透させるには、毛穴が開いた状態が理想です。

お風呂の中で塗るくらいがいいのですが、そうでなければ洗顔後やお風呂上がりすぐにつける事をおすすめします。

また、肌の温度が上がると血流がアップする事で美容成分が浸透しやすくなるので、30〜36度程度のぬるま湯を使用して洗顔することが効果的です。

いつ塗っても大丈夫なの?

オールインワンジェルは洗顔後すぐに使います。

ですが、他のスキンケア化粧品を使う場合は、油分の少ないものから始める順番で使う事で、本来の効果を発揮するので正しい順番で行いましょう。

朝と夜ではケアの目的が違う

朝と夜ではケアに費やせる時間も違ってきますが、朝は日中の紫外線対策をメインに、夜はゆっくり時間をかけて栄養補給とリカバリーを目的をメインとしたお手入れをするのが理想です。

朝は簡単ケアで済ませる

日中は紫外線や乾燥、皮脂の酸化などの刺激に常にさらされて、思った以上に負担がかかるものなので、外部の刺激から肌を守る為の朝のUVケアは欠かせません。

UVカット機能や化粧下地の役割のあるオールインワンジェルを使う事もおすすめです。

ですが、これだけでは紫外線対策が不安に感じたら、その後にUVケアのクリームを使うといいでしょう。

メイクの前は使用量に気をつけよう

朝、メイクをする前には、使うオールインワンジェルの使用量を少なめにします。

メイクの直前にオールインワンジェルをたっぷり塗ってしまうと、化粧ノリが良くないどころかファンデーションがよれて化粧崩れの原因になります。

忙しくてもメイクをする少し前にオールインワンジェルをしっかり肌になじませてからメイクをしましょう。

顔の中でもオイリーな部分には少なめに塗るなどして自分で調節するのもちょっとしたコツです。

化粧崩れをしやすい状態だと、自分の皮脂とメイクの成分が汚れと一緒に肌に留まる事で、毛穴が詰まり肌トラブルの原因にもなってしまいます。

夜は時間をかけてゆっくりと

夜はゆっくり時間をかけてマッサージやパックも取り入れれば、リラックス効果も大。

乾燥して気になるポイントは重ねづけをしたりすれば、より成分を浸透させることができます。

スキンケアの基本に組み込むには

今まで使っていた化粧品はどうしよう・・・これ一つで本当いいの?」という気がする方も大丈夫。

お気に入りの化粧品を足したり、スペシャルケアのアイテムと併用して使う事も出来てオリジナルのお手入れが可能です。

正しい流れに沿って組み合わせる

スキンケアの基本の流れの中で、自分に必要なケアをしましょう。

基本的な流れですと、
クレンジング → 洗顔料 → 化粧水 → 美容液 → オールインワンジェル → 乳液 → クリーム
となりますので、ここを自分なりにアレンジしていく形になります。

美肌効果を落とさないポイント

スキンケアがの際にはちょっとした事に気をつけると、美容成分をよりしっかり取り込むことができます。

クレンジングや洗顔の前には手を清潔に

クレンジングや洗顔を行う前、手に少しでも汚れが付いていると、洗う成分がその汚れに反応してしまい、本来落としたい肌の汚れを落とすのに必要な洗浄力が落ちてしまう可能性があります。

ですので、ポイントメイクなどの落ちにくい汚れは専用のクレンジングで落としたり、濡れた手OKのものであってもその洗浄力を極力落とさない為に、清潔な濡れていない手で行うなど気を付けることも大切です。

適度の皮脂は残す事

クレンジングや洗顔で肌に最低限必要な皮脂まで洗い流してしまわないようにしましょう。

洗い流す時はぬるま湯を使うのが基本ですが、暑すぎる温度は皮脂を過剰に洗い流してしまいます。

又、汚れや皮脂を落とさなければという意識から、クレンジングや洗顔料の使用量が多すぎたり時間をかけすぎて洗う事で、肌へダメージを与えてしまうことになります。

そうすれば、肌のバリア機能が失われて肌トラブルの原因になってしまうので要注意です。

急いでクルクルしない事

マッサージも出来るからと力を入れすぎたり、急いでクルクルするのはNGです。

肌になじませずに急いで塗り込んだら、ゲルの塊がモロモロと出来て美容成分がしっかり肌に吸収されません。焦らずゆっくり肌に浸透させましょう。

オールインワンの上級者的使い方

タオルをかぶる女性

季節の変化や体調によって肌の状態も当然変わってきます。

自分の肌の状態によって臨機応変にケアする事が出来ればもう上級者。使い分けでワンランク上の時短美容を目指しましょう。

朝晩に違うタイプで肌ケアタイム

朝は日中の紫外線対策のためのケアがメインですが、夜は睡眠中に肌の栄養補給をサポートしてくれる美容成分が入ったもの、少し油分の含まれているものなどの使い分けも良いですね。

美白重視や、保湿力が高いものなど色々あります。

顔だけじゃないリッチな使い方

とっても贅沢ですが、体のあちこちに使います。

ひじやかかとの角質が気になる部分はもちろん、デコルテや背中、さらには髪にも使える万能選手です。

お風呂でパック

それでも更に保湿をしたい部分は、お風呂のリラックスタイムを利用してパックをしてみましょう。

そのままでも良いですし、ラップパックも肌の水分の蒸発を最小限にして、美容成分を無駄なく肌に吸収させることができます。

スチームタオルとコールドタオル

オールインワンジェルを塗ってスチームタオルを使用します。

スチームタオルはお風呂に入っているのと同じような肌の状態が作れますし、肌を保湿して温めることで毛穴が開き、美容成分が浸透しやすくなります。

コールドタオルとオールインワンジェルを使えば、日焼けをした場合のほてりを沈めるアフターケアが可能です。毛穴引き締めの効果も大です。

大切なのは日々の心がけ

朝晩のケアには欠かせないオールインワンジェルですが、美肌のためにはオールインワンジェルを上手に使うことに加えて、生活習慣や食生活を見直し、内的要因や外的要因などのストレスとなる原因やあらゆる刺激を減らすことを常に心がけるようにしましょう。

オリジナルのスキンケアが可能なアイテムを使うのですから、自分の肌質や状態と向き合いながら臨機応変にケアすることが理想的と言えます。