皆さんは、オールインワンジェルを使ったことはありますか?

化粧水、乳液、美容液、クリーム、パック、化粧下地などの効果を1つで全て補ってくれる、とっても便利なアイテムとして販売されています。

これ1つで何役もこなすので、いくつものアイテムを買いそろえるよりもコスパが良いし、手間が省けて良いとこづくめのように見えますよね。

しかし、本当に「化粧下地」として使うことはできるのでしょうか?

化粧下地とオールインワンジェルの役割の違い

化粧下地の役割

  • 肌の凹凸を滑らかにして、化粧ノリをよくする
  • 肌の色を整える
  • 紫外線、排気ガス、乾燥などの有害物質から肌を守る
  • ファンデーションの色素沈着を防ぎ、化粧落としをしやすくする
  • 皮脂崩れを防止する

化粧下地は、日中メイクをする前に使用するという明確な用途があるので、化粧ノリや持ちをよくする効果、有害な物質から肌をプロテクトする効果があります。

商品によって効果に差はありますが、だいたいこのような効果がを狙っています。皆さんも、化粧下地を手に取る際には、こんな効果を期待していますよね。

あくまでメイクアップ化粧品として、日中に使うことを目的としています。

オールインワンジェルの役割

オールインワンジェルは、「化粧水や乳液、美容液といった様々な役割を果たす!」という触れ込みのため、いったいどんな役割なのかわかりにくいです。

しかし、だいたいのオールインワンジェルは、肌を健やかに保つための基礎化粧品であると考えられます。

例えば、グリセリン、BGといった基本的な保湿剤に、ビタミンC誘導体といった美白成分、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンのような保湿成分、などの美容成分が配合されているような商品があります。

この商品は形はジェルですが、化粧品や乳液、クリームと基本的な働きは同じだと考えて良いでしょう。化粧下地のように、メイクの一部としての役割を果たすものではありません。

オールインワンジェルで化粧下地の効果を得られる?

化粧下地とオールインワンジェルの役割の違いからも分かるように、基本的にはオールインワンジェルを化粧下地として使用するのは力不足です。

「オールインワンって言ってるんだから、化粧下地としても使えるようにいろんな成分配合しちゃえばいいじゃん!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、オールインワンジェルにがっつり肌をコーティングするような成分や着色剤、日焼け止め成分などを配合してしまうと、夜寝る前に使用する事が出来なくなってしまいます。

なので、ほとんどのオールインワンジェルは「化粧下地」として販売されている商品と同等の下地効果を得ることはできないでしょう。

なんでオールインワンジェルは「化粧下地として使用できる」として販売されているの?

  • 肌を保湿して、乾燥から守る
  • 肌にハリを与え、化粧ノリを良くする

このような効果を「化粧下地として使用できる」としているオールインワンジェルが多いです。

オールインワンジェルには少なくとも保湿効果はありますので、このように売っているんですね。

「何役もこなす」というところにオマケとして追加されているようなイメージだと考えて良いでしょう。

ちなみに、「化粧下地として使用できる」という触れ込みの為に、夜眠る時に塗っても大丈夫なのかを気にしている人もいるかと思います。

ほとんどの商品は、このような理由で「化粧下地効果あり」として販売されているだけなので、夜に使用しても問題ありません。

「化粧下地として使用できる」オールインワンジェルはないの?

調べてみたところ、どうやら「シリコン」が配合されているオールインワンジェルが販売されているようです。

シリコンとは、トリートメントやコンディショナーなどにも配合されていて、色々なものをコーティングする効果があります。

トリートメントならば髪をコーティングして指通りを良くしますが、シリコンには様々な種類があり、成分表に「ジメチコン」「シリカ」などと記載されています。

シリコンは肌を覆ってつるんした仕上がりにするので、毛穴などの凹凸を滑らかにしたり、ファンデーションの色素沈着を防いだり、外気などから肌を守ったりする効果は期待出来そうです。

ただ、スキンケア用品にシリコンを加えたからと言って、「化粧下地」として販売されているのもと同等の下地効果を期待出来るかというと、それは難しいでしょう。

化粧下地は、化粧品会社がその効果を追求して開発していますので、「皮脂崩れに強い商品」「毛穴をカバーできる商品」「肌をワントーン明るく見せる商品」など悩みに合わせた様々な商品が販売されています。

どうしても化粧下地を使うのが面倒くさい!という訳でなければ、オールインワンジェルで肌を整えた後に、別途化粧下地を使用する方が良いでしょう。

どうしてもオールインワンジェルを化粧下地として使いたい場合

悩む忍者

オールインワンジェルの化粧下地効果はあくまでオマケのようなものだとわかっても、どうしても化粧下地を使うのは嫌だ!という人はどうするのが良いでしょうか。

最低限UV対策だけは確実に

化粧下地として販売されている商品は、大抵UVカット効果が備わっています。

それを塗らないのであれば、別のところで紫外線対策はばっちり出来るよう気を付けましょう。

とはいっても、日焼け止めを塗るとなると化粧下地を塗るのとでは手間は変わらないですよね。

ファンデーションにもUVカット効果はありますので、ファンデーションをがっつり塗ってばっちりメイクで出かけるならばそれでも良いでしょう。

ただ、下地なしでファンデーションを厚塗りするとなると、化粧崩れが気になるところではありますが・・・。

ジェルを塗った後十分乾いてからメイクを始めよう

オールインワンジェルを塗った直後にファンデーションを塗ってしまうと、化粧崩れしやすいので、十分乾いてからメイクしましょう。

その為には、商品選びが最も重要と言っても過言ではありません!さらっとしたテクスチャーのものを選ぶようにすると、もっちりと重たいものを使うよりもメイクしやすいです。

使用する量も、たっぷり塗ってしまうとべたついてしまうので、少なめに塗った方が良いでしょう。べたつきは化粧崩れに繋がりますからね。

時短したいのならば、BBクリームなどの使用も検討してみる

化粧下地を使いたくないのが時短目的であるのならば、BBクリームを使う方法もおすすめです。

スキンケアとしてオールインワンジェルを塗った後、メイクアップは下地+ファンデーションの効果のあるBBクリームやCCクリームを使えば、オールインワンジェルとファンデーションを使うのと同様に2ステップでベースメイクが完成します。

オールインワンジェルで時短スキンケア+BBクリームで時短メイクの時短美容で、かなり手間は省けます。

このような方法もあるので、ぜひ検討してみてください。

オールインワンジェルはあくまでスキンケア化粧品として使うのがおすすめ

オールインワンジェルの最大のメリットは、時短と節約を叶える事が出来るというところにあります。

よくデメリットとして挙げられる「保湿力が弱い」という問題も、自分にあった商品を選べば、しっかりとスキンケア効果はあります。興味のある方は、是非スキンケアにオールインワンジェルを検討してみてください。

ただ、化粧下地として使用するのは、あまりおすすめはしません。どうしても化粧下地として使いたいという場合は、この記事を参考にして工夫してみてくださいね。